トップページ

    このサイトではフィットの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「フィットの買取相場を検索して高く買い取ってくれる専門店に売りたい。」ということを考えているならこのサイトに掲載しているおすすめの車買取専門店で調べてみてください。

    ホンダのフィットを高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者で査定をしてもらう」ということ。1社の車買取店だけとか近隣のホンダディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでおすすめできません。

    中古車の一括査定ならサクッと入力完了するのでカンタンです。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、フィット(Fit)の買取値段の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度抜群なので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大で50社にフィットの査定依頼をすることができます。

    中古車の一括サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「フィットの買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にフィットの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が流れない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が概算価格を入札するので、数年落ちのフィットでも高額買取してくれる車買取業者が見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1社からのみなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    フィットの買取査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札して買取価格を提示するという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車買取一括サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、申し込みと同時にフィットの相場が分かるので、「中古車で数年落ちのフィットの買取相場って分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    依頼申し込み後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良業者のみが登録していますので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、いくつかの会社に査定してもらうことで長年愛用したフィットであっても高く売ることができます。

    最大10業者が中古車査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたのフィットを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場がわかる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、その中から最大で10社があなたのフィットを査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定額を出してもらうことで査定額やサービスの違いを比較してみることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したフィットを1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前から分かるように楽天が運営している車買取の一括査定サイト。
    ホンダ・フィットの査定依頼をするだけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントがプレゼントされるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用したフィットを高く売って、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携企業は約100社なので他の業者と比べると少なく感じますが、最大で10社の会社がフィットの査定金額を提示してくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定を使った場合の価格差がいくつか提示されていますので、気になる場合はチェックしてみてください。







    売却予定の車を査定に出したときに、値段がつかない場合も出てきます。

    その車が「過走行」と呼ばれる走行距離10万km以上の状態だったり、かなりの大事故で大きく修理した履歴の残ったケースなどは0円査定になってしまうケースも良くあることです。

    多くの中古車買取店を回ったとしても同じように買取額はつかないと言われたときにも、一般的な買い取りではなくて廃車専門の買取業者へ買取をお願いする事ができますので、一概に売却を諦めてしまうこともないと言えます。

    車の買取業者にはそれぞれ特色があり、事故車や輸入車や軽自動車など、ある特定の種類の車種販売が得意だったり、若しくは専門としている買取業者が存在します。

    たとえば買取希望の車種が軽自動車の場合、当然かもしれませんが、軽自動車の販売を得意とする会社に買い取ってもらった方が多分買取額が高くなるはずです。

    そのような会社は中古車の一括査定サイトを使ったときに、そのほかの買取専門店よりも査定額が幾分高く表示されますので、その点で他と判別することができるのです。

    自分が所持している車にこのような値段では売るのは嫌だと思うような金額を業者側から提示されたときには、売るのを止めてしまっても構いません。

    自分の車の売却価格の見積もりを出してもらったとしても、車を絶対に手放さなければならないという法律はありません。

    提示された最初の価格ではうなずけないと言うとそう言った時から査定額アップの商談が始まるケースもあるでしょうし、そこ以外の店舗に行けばもっと高い査定をしてくれる可能性もあるのです。

    どうしても腑に落ちない価格だったら気にせずに断ってもOKなのです。

    一括査定サイトを使って中古車の売却をするように、自動車保険専門の一括見積サイトといったものも登場しています。

    年更新でも分かる通り自動車保険は資産性はない商品で、共済と同じように掛け捨てタイプなので、続けるほど得というものではありません。

    ということは、同じサービスなら安い自動車保険へと切り替えた方が得であるのは明らかです。

    その他の一括査定サイトと同様、原則としてユーザー側に利用料などが課金されることはなく、何社かに自分で個別に資料請求するのとは違い、簡単に同業各社の保険を分りやすく比較できるため、検討にはもってこいです。

    中古車買取業者に車の査定を頼むと、たいていの業者は無償でしてくれます。

    けれども車を買うついでに同じディーラーで下取りしてもらうと、ちゃっかり査定費用が盛り込まれていることがあります。

    中古屋の買取額とディーラーの下取額が同じであれば、査定手数料分だけ下取の方が損ということになります。

    同じ「中古車」なので買い取りだろうと下取りだろうと似たようなものだと思っていると忘れがちなことですので、査定手数料が必要なのかどうか契約前に念のために確認するようにしてください。

    有料だからといって悪いわけではありませんが、知っていれば買取業者の方が有利ということで、ディーラーに価格交渉するネタになります。

    年式を問わず車体の外装のキズ、へこみ、塗装剥がれ(浮き)は、買取のための査定を行う時点で隅々まで確認されるのが普通です。

    誰が見てもわかるような目立つ傷は査定としては減点になるものの、普通に走っていていつのまにかついているような小さな傷でしたら、所有者が心配するほど査定額に響くことはありません。

    時々、査定前に修理すべきかと質問されることがあります。

    しかし修理屋が身内価格でやってくれない限り、査定アップで修理代をまかなえる可能性はほとんどないというのが実情です。

    修理費には業者価格と個人価格があり、個人では高くついてしまうからです。

    中古車買取店の決算月やボーナス時などのように、車を高値で取り引きできる可能性が高まります。

    車を買いたいと考える人が多くなる時期には一緒に買取価格も上昇するからです。

    でも、車を売ろうと決心したときが高値で買取りしてもらえそうな時期と大きく離れていたときに、その時期が来るまで待った方が良いとは言いきれません。

    当たり前ですが、自動車売却を遅らすことで年式はドンドン上昇していきます。

    車の買取相場が上がってそれなりに査定額も上がるでしょうが、年式が進んだことによる査定額ダウンの方が大きくなる可能性だって考えられるからです。

    自動車売買に関する手続きの全部を行うことができる知識と暇があるのでしたら、自動車の売買は個人同士でした方が間に業者を介在させないため一番高値になりやすいでしょう。

    個人売買するときにいざこざが起きやすいのが名義変更関連と支払い関連なのです。

    車の名義変更に関しては、両方が話し合って決めた日までに必ず手続きをしてもらうように紙に書き示すことでトラブル回避可能です。

    料金トラブルに関しては、初回だけ支払って2回目以降は支払ってくれない事がないように現金一括払いのみで対応すると余計な金銭トラブルは起きないでしょう。

    車を売買しようとする際、一度に複数の会社の出張査定予約を取り付けて、時を同じくして中古車を査定してもらうことを「相見積もり」といいます。

    この方法を選択する利点としては、その場に居る査定スタッフ同士が価格競争をして見積額の引き上げを狙えることでしょう。

    中古車買取会社の中には相見積もりを快く思わないところもあるのですが、さほど相見積もりを嫌がらない業者は是非とも手に入れたいと考えている業者が多く、買取業者間の査定額競争が激しさを増すと予想されます。

    ちょっとでも中古車の査定額をアップするために効果覿面であると言って良いでしょう。