トップページ

    このサイトではフィットの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「フィットの買取相場を検索して高く買い取ってくれる専門店に売りたい。」ということを考えているならこのサイトに掲載しているおすすめの車買取専門店で調べてみてください。

    ホンダのフィットを高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者で査定をしてもらう」ということ。1社の車買取店だけとか近隣のホンダディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでおすすめできません。

    中古車の一括査定ならサクッと入力完了するのでカンタンです。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、フィット(Fit)の買取値段の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度抜群なので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大で50社にフィットの査定依頼をすることができます。

    中古車の一括サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「フィットの買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にフィットの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が流れない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が概算価格を入札するので、数年落ちのフィットでも高額買取してくれる車買取業者が見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1社からのみなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    フィットの買取査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札して買取価格を提示するという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車買取一括サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、申し込みと同時にフィットの相場が分かるので、「中古車で数年落ちのフィットの買取相場って分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    依頼申し込み後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良業者のみが登録していますので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、いくつかの会社に査定してもらうことで長年愛用したフィットであっても高く売ることができます。

    最大10業者が中古車査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたのフィットを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場がわかる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、その中から最大で10社があなたのフィットを査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定額を出してもらうことで査定額やサービスの違いを比較してみることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したフィットを1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前から分かるように楽天が運営している車買取の一括査定サイト。
    ホンダ・フィットの査定依頼をするだけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントがプレゼントされるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用したフィットを高く売って、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携企業は約100社なので他の業者と比べると少なく感じますが、最大で10社の会社がフィットの査定金額を提示してくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定を使った場合の価格差がいくつか提示されていますので、気になる場合はチェックしてみてください。







    程度にもよるので一概にはいえませんが、煙草臭が売却予定の車の中に漂っている場合には中古車査定時に減額される事になるでしょう。

    タバコを吸っていたことが明らかに分かってしまう車は、禁煙車にしようと考えているユーザーには確実に売れないからです。

    車内に漂う煙草の臭いの元凶は、ヤニ汚れで、車内のどこかしらに存在しているはずです。

    買取査定に持って行く前に車内を念入りに掃除することで、大幅に臭いを抑えることが出来るでしょうね。

    手持ちの車を査定に出すときには、ボディーカラーも重要です。

    ホワイトおよびブラックは定番の人気色でいつでも需要が安定しているために、査定額が高めに出る傾向があります。

    定番色とは逆の原色に近い赤などのボディーカラーは、人によって好みが分かれてしまうので、査定時にマイナスされる傾向が出てきます。

    原色系は嫌われやすいと言っても、車の見積金額は中古車オークションの相場のタイミングによりアップダウンするため、流行があれば一定の色に幾らか査定金額が高く付くこともあるでしょう。

    最近のことですが、中古自動車販売の最大手でプロ用ではない一般者向けの車査定アプリケーションを売りに出していますが、プロ仕様の中古車査定支援アプリも存在します。

    これは、実際の査定業務経験があまりなくても査定が簡単に出来るようにするためのアプリケーションです。

    この業務用に開発されたアプリと専用の機械を同時使用する事によって、今から査定するつもりの車の過去の修理の有無が分かる機能がついているケースが多いです。

    専門家である買取業者からすると、個人がいくら隠そうと努力してみても査定対象となる車の修理歴や事故歴はわかってしまいます。

    隠蔽行為は買取業者に対して詐欺を働くのと基本的には同列のことですから、査定額アップの交渉なんてもってのほかでしょう。

    そして査定で申告対象となるような車の状態を隠蔽するのは保険で言えば病歴を偽って契約する告知義務違反になるわけで、バレたときには減額されたり、返金を求められます。

    それに契約書をよく読んでいくとこの件に触れた文章があるはずで、言い逃れはできません。

    中古車を売る際の最初のステップは、業者に査定を依頼することです。

    インターネット上での査定というのは機械的な査定にすぎませんから、あとで訪問査定などを経て買取額が提示されます。

    結果が不満であれば交渉しますし、納得のいく価格なら印鑑や必要な書類を整え、契約という運びになります。

    それから業者から派遣された運転手が車を引取りに来たり、名義変更などの型通りの手続きをもって指定した口座にお金が振り込まれ、あとは何もする必要がありません。

    手続き完了です。

    年間走行距離数は約10000キロと見積もるのが一般的です。

    そしてその5倍の5万キロという総走行距離の車は業界では多走行車と呼ばれ、査定時にもその程度ごとに減点対象となり、過走行車といって走行距離が10万キロ以上の車は金額をつけられないからと買い取りを断られるケースもあります。

    その一方で、走行距離が短い車というのも問題です。

    例えば年式のいった車の場合、走行距離があまりにも短いと外観からは見て取れない部分の状態が非常に悪くなっている可能性も高く、引き取り拒否ともとれる見積り額を提示されることもあります。

    半ば粗大ゴミのような状態になってしまっている、すでに車検が切れてしまった車でも買取りしてもらうことは可能です。

    しかしながら、すでに車検が切れてしまっている車が公道を走ることは禁止されていますから、現地にスタッフに来てもらう出張査定をお願いしなくてはいけません。

    既に車検が終了してしまった自動車でも取り扱いしている買取店ならば、車の引き取りにお金がかからないところが多いはずです。

    一方で、売却する前に車検を通すことは無意味になるので勧められません。

    車検費用の方が高くなる事が多く、査定金額アップはあまり望めないため損してしまうのです。

    親戚や家族が所有者として登録されている車も手間はかかりますが売れないことはありません。

    一般的な契約で必要とされる書類のほか、この場合は車検証に記載されている所有者の印鑑証明と、実印を押印した委任状、それから譲渡証明書も必ず必要ですが、押印漏れのないように気をつけてください。

    しかし所有者が既に亡くなっている際は、委任状はおろか印鑑証明なども用意できません。

    したがって、所有者の移転登録手続きをして名義を変えてから売却します。

    一般的な売却と違い、亡くなられた方名義の車というのは必要書類も多く、かなり手間がかかると考えて間違いありません。

    中古車売買に於いて、車体の色は多いに査定額に影響します。

    定番色と言われる白や黒は安定した人気があるので、査定の際に金額がアップすることが予想されます。

    その上、シルバーは定番色であることにプラスして車体の汚れがあまり目立たないという特徴があるので高い人気を誇っています。

    これらとは反対に、それ以外のボディカラーの場合は、あまり査定額アップに繋がらないでしょう。

    いくら査定したときに流行の色だったとしても、流行っている時期は短くて、買取から売却が成立するまでの間にそのボディカラーの流行が廃れていることを考えに入れて査定しなければいけないからです。