トップページ

    このサイトではフィットの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「フィットの買取相場を検索して高く買い取ってくれる専門店に売りたい。」ということを考えているならこのサイトに掲載しているおすすめの車買取専門店で調べてみてください。

    ホンダのフィットを高額買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取業者で査定をしてもらう」ということ。1社の車買取店だけとか近隣のホンダディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでおすすめできません。

    中古車の一括査定ならサクッと入力完了するのでカンタンです。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、フィット(Fit)の買取値段の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度抜群なので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大で50社にフィットの査定依頼をすることができます。

    中古車の一括サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「フィットの買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にフィットの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が流れない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が概算価格を入札するので、数年落ちのフィットでも高額買取してくれる車買取業者が見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1社からのみなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    フィットの買取査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札して買取価格を提示するという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車買取一括サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、申し込みと同時にフィットの相場が分かるので、「中古車で数年落ちのフィットの買取相場って分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    依頼申し込み後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良業者のみが登録していますので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、いくつかの会社に査定してもらうことで長年愛用したフィットであっても高く売ることができます。

    最大10業者が中古車査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたのフィットを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場がわかる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、その中から最大で10社があなたのフィットを査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定額を出してもらうことで査定額やサービスの違いを比較してみることができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したフィットを1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前から分かるように楽天が運営している車買取の一括査定サイト。
    ホンダ・フィットの査定依頼をするだけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントがプレゼントされるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用したフィットを高く売って、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携企業は約100社なので他の業者と比べると少なく感じますが、最大で10社の会社がフィットの査定金額を提示してくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定を使った場合の価格差がいくつか提示されていますので、気になる場合はチェックしてみてください。







    インターネットを介して中古車の無料一括査定サイトを使うときにデメリットになることは、査定サイトに登録されている中古車買取店舗から一度に電話攻勢が始まることでしょう。

    最初のステップとして自分でサイトを活用しているので、一口に悪いことだと片付けられません。

    でも、ストレスがたまるほどしつこく何度もかかってくるときには、売却先が決定していなくてももうすでに売却してしまったのだと言うことが結局一番上手な電話攻勢の回避方法だと言えます。

    買取のお店に行く暇がなかったとしても、インターネットサイトで車を査定できるものは数え切れないほどあるといって良いでしょう。

    細かな具体的な見積金額に関しては本当に売却する車を査定してみないことには算定不可能でしょうが、一瞬で多数の店舗の査定を受けることができるため、その時点での相場価格の概算を把握できるのでとても便利です。

    それに、妙に価格相場から外れた査定をする会社を現実的な売却店の候補から外すことができるので便利ですね。

    売却予定の中古車を査定するときには、カーナビ等のオプション品が付属していると査定額が高くなる傾向にあります。

    但し、古い車種でなければカーナビシステム非搭載の方がめずらしいので、より最新モデルのカーナビでないと大きく見積額がプラスになるとは思えません。

    さらに、同様の理由でもしも、カーナビがない場合には査定額をダウンさせられてしまう可能性もあるでしょう。

    車の状態は悪くなくても総走行キロ数が10kmを超えると、よく過走行車と言われ、業者に査定に来てもらったところで、タダ同然になることが多いです。

    車は命を預ける乗り物ですから、安全性を考慮して過走行車や事故車は敬遠されるのが普通です。

    このような場合にも、売却する方法がないわけではありません。

    専業で事故車や過走行車などの買取売却を手がけている中古車屋に打診するというのもありです。

    もしくは買取りはあきらめて、ディーラーでの買い替え時に下取りに出せば、そこは商売のしどころですから、買取りよりは高値をつけてくれるかもしれません。

    中古車を売るならまず査定を受けることからスタートです。

    ウェブで簡易査定を受けた後、業者による実車査定を終えてから、正式な見積額が出てきます。

    特に値付けに問題がなければ、言われた書類を整え、売買契約に進みます。

    その後、車両の引取りと所有者の名義変更といった一連の手続きを経て売主の口座に買取代金が振り込まれ、すべての売却手続が終わります。

    あとで後悔しないために、中古車屋と売買契約を結ぶ際は気をつけなければいけないことがあります。

    当然のことながら、あらかじめ契約書をよく読んでおくことです。

    不要なことは契約書に書かれていませんから、逆に言えば契約書の内容すべてが重要です。

    そして契約書は署名捺印が済んだ段階で法的な効力を持ちます。

    事前説明と異なる契約内容になっていないかなど金額やそれに関する諸条件は納得がいくまできちんと読むことが大切です。

    細かいところまで読んでから契約書を交わすようにしましょう。

    3月や9月の企業の決算時期やボーナスの出る時期など、車を高値で取り引きできる可能性が高まります。

    市場で需要がアップするときには同時に買取の相場も高くなります。

    でも、車を売ろうと決心したときが高値で取り引きできるであろう時期とかなり離れていた場合に、これらのタイミングまで待った方が良いわけではないのです。

    当たり前ですが、自動車売却を遅らすことで年式はドンドン上昇していきます。

    車の買取相場が上がってそれなりに査定額も上がるでしょうが、愛車が型落ちして価値も下がることの方が大きくなることも予想されるからです。

    どのくらい残っているかにもよるのですが、「車検」によって中古車見積もりの価格が少々変動することがあるのです。

    勿論、車検が切れてしまっている車より残りがある方が高く評価して貰えます。

    しかしながら、車検の残りも1年残っていないようだと査定金額にはほとんど影響しないと言えます。

    車検切れが間近だと見積もりが下がるからと言って、車を手放す前に車検を通すようなことはしない方が良いでしょう。

    車検にかかる費用と査定価格に上乗せされる価格とでは、前者の方が高く付くケースが多いため結果的に損をしてしまう可能性が高いのです。

    中古車を売ってしまった後になって、「瑕疵担保責任」を言い訳にして買取店舗が契約を解除したり買取金の減額を言い渡してくる事がなきにしもあらずです。

    事故を起こした車だと言うことを隠して売りつけたのならば売却側に非があると言えるのですが、中古自動車査定士が傷などを見落としていたことによるものならば自分が非難される筋合いはないでしょう。

    買取業者が一方的に契約解除や買取額の減額などを迫ってくるときには、国民生活センターへ赴いて、車の売却でトラブルになっているとと相談することが最善でしょう。